雑談

ソフトウェアエンジニアの転職活動記録

転職活動中にいくつかの企業の面接を受けました。最終的に私はLINEから内定を頂き、就職することを決意しました。

その過程の様々な面接などの情報を少し自分のメモ程度にシェアできる範囲でお伝えしたいと思います。もちろん詳細は書けないので参考にはならないかもしれません。ただ、著名企業の面接を受けることは割と貴重な経験であったため雰囲気だけでも伝われば良いなと思います。

米Apple, 米Evernote, 米Yahoo, 米Mozilla

書類落ち。なかなかVisaの関係もあり日本人エンジニアが直接米国の面接をセットしてもらうのは難しい。

Amazon Japan

半年前くらいにGoogleの技術面接の練習になるかと思いLinkedInで募集を見つけ受験。早速一人目の電話面接はシアトル在住の外国人のエンジニアの方と国際電話で始まる。会話は英語で行われる。次の選考はシアトルかサンフランシスコで活躍している日本人のエンジニアの方と国際電話面接。特に大きなミスをした訳ではないが。ここで落ちる。なんとなく募集している人物像はもっとシニアな方で、自分とは少し違うような印象を受けた。

一言感想:エンジニアとして入ればアメリカに割とすぐ行けそう

米Google

Google本社で働いている知人を通して、マウンテンビュー本社への選考を通してもらった。電話面接のあと現地での面接。現地面接といっても、面接自体は六本木ヒルズにある日本のオフィスで行われた。

(more…)

雑談

転職しました

世間で退職ブログが流行っているみたいなので、記念に書いておきます笑

四月末をもって、新卒で採用されてから5年間働いたIBMを退職しました。私は日本IBMのソフトウェア開発研究所というところで検索&テキスト解析ソフトウェアを開発していました。主にフロントエンドが担当で、JavaScript/HTML/CSSやサーバーサイドJavaなどをメインにプログラミングをしていました。

アジャイル開発の手法を導入しているため、入社以来毎日朝11時にスタンディングで活動報告をお互いするスクラムミーティングがとても印象的でした。また、USや中国やアイルランドのチームメンバーと共にグローバルな開発の経験ができました。コーディングに関しても、3年目くらいのときから一つの大きなコンポーネントを任されたりして、学ぶことも多く、やりがいのある職場でした。

チームのメンバーは東大を代表に高学歴な方々が多く、とても優秀なメンバーでした。エンジニアのタイプは人それぞれで違う点が私にとってはとても興味深かったです。コーディングの最短距離を進み、とても素早いコーディングでばばっと作って帰る方もいれば、慎重に隅々までコードをチェックし前者のコーダーが気がつかないところまでケアすることができるエンジニアの方もいました。そのような対局のタイプのエンジニアの方同士は、両面的に補足し合えるもので、お互い生産性を高めることができるということを身近で実感しました。今思えば、自分にはそのような関係の同期のようなライバルのような存在がいなくて少し寂しかったようにも思えます。

(more…)

Tools

Sublime text with git plugin

Sublime textをメインのエディタにすることに決めたので、さっそくまずはgitプラグインの導入を試みる。 Ctrl + `で以下のconsoleを表示し、以下のページに記載されたscriptを叩く(version 3の場合)。 https://sublime.wbond.net/installation#st3 一応sublime textを再起動してCtrl + Shift + pでgitとタイプ。 http://amacbee.github.io/blog/2013/07/05/1/ とりあえずYeomanで作った雛形アプリケーションをpushしてみたが、Sublime text 3はベータのせいか途中でエラーに遭遇。 結局ターミナルでgitコマンドを実行した方が安定してできたw git init git add… git commit git remote add origin https://github.com/tejitak/BackboneTest.git git remote -vで確認 git push -u origin master —- Package install (Command+Shift+P) Emmet SidebarEnhancements SyncedSideBar Zip browser Local history Terminal BoundKeys -> Read more...

JS

YeomanでBackbone + requireJS

前回の記事の続きで、AMDモジュールであるrequireJSに加えてMVCフレームワークのbackboneもYeomanで準備してもらいたいということで以下のgeneratorを使ってみました。 https://github.com/yeoman/generator-backbone まず任意のディレクトリで npm install -g generator-backbone その後、以下を実行(requirejsの選択を忘れずに) yo backbone bower listを実行してみてdependencyモジュールがまだインストールされていないので、bower installを実行 その後gruntで問題なく動作することを確認。 試しに以下のコマンドでmodelのjsファイルを作成してみる。 yo backbone:model Test すると、app/scripts/models/Test.jsにmodelの雛形ができあがる。 あとはviewなども同様に作成し、main.jsからAMDで書き始めればOKそう。

JS

Yeomanを使ってWebアプリ開発の雛形を簡単作成

Yeoman

http://yeoman.io/

まず使うにはnode.jsがインストールされているのが前提。

Yeoman本体をインストール

npm install -g yo

一番標準のwebapp generatorをグローバルにインストール

npm install -g generator-webapp

任意のディレクトリ(例えば/Users/tejitak/workspace/Test)を作りその下で以下のコマンド

yo webapp

するとGruntのファイルや/appなどweb applicationの雛形ができあがる。

試しにサーバーを起動してみると既にlocalhost:9000にアクセスして正しくindex.htmlがデプロイされていることを確認できる。

スクリーンショット 2014-04-26 10.14.18

自分はrequiresなどを使ってAMDでアプリを構築する場合が多かったので、試しにAMD用のwebapp generatorを使ってみる。

(more…)

雑談

シリコンバレーの旅

Blogをメインにこっちに移動するということで、半年ほど前にシリコンバレーにいった時の話をアメブロからこちらに転載します! シリコンバレー2日目です! 今日の予定はお昼にサンフランシスコのTwitter本社で日本人のエンジニアのnさんとお話させていただくことと、そのあと同じくシリコンバレーに遊びに来た会社の同僚を空港で拾った後にSun Bridge Globalにてkさんとお話をさせていただけることに。 ちなみに一日目に泊まった安いホテル。悪くなかった。 1 Twitter本社、エンジニアの方からビザの話を中心に現地で働くことに関して色々教えていただきました。 ちなみにTwitterはサンフランシスコ市街の賑やかなメインの通り沿いにあります。 2 社食でフリーのランチを頂いたのですが、凄い開放的で感動です。ちなみに朝から夜までやっているそうなので、nさんは一週間に1セントも消費せずに過ごした事があるとのこと。。ちなみに食堂だけは写真おっけい。 3 4 5 突然のアポだったにも関わらず、とても親切で話しやすい方で仲良くなれた気がします笑 (more…)

Tools

Mac initial setup memo

1 Chrome & Firefox install 2 Install Xcode & command line tool install Xcode -> Xcodeを入手 xcode-select --install license agreement sudo xcodebuild -license install command line tool (gitなどが入る) xcode-select --install 3 PackagingツールHomebrewのインストール ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/Homebrew/homebrew/go/install)" HomeBrew update brew update とりあえずwget brew install wget (more…)

Deploy

EC2のインスタンスに独自ドメインを紐付けて、WordPressを動かす

sshで作成したEC2のインスタンスに接続できたら、さっそくwordpressをセットアップします。 相変わらず以下のサイトが参考になりました笑 http://www.ita84.com/?p=74 次にお名前.comで取得したドメイン”tejitak.com”を静的なアドレスに結びつけるために、Elastic IPと紐付ける必要があります。 AWS Management Consoleの左側のメニューのElastic IPsから”Allocate New Address”を押し、作成したインスタンスを対象として”Associate Address”をします。設定して少したつと作成したインスタンスのIPアドレスは新しいElasticなものに変更され、元々割り当てられていたIPアドレスは使えなくなります。 この状態になったら、お名前.comのDNSの管理ページで取得したドメインにElastic IPアドレスを結びつければOK. 設定の仕方は以下を参考にしました。 http://www.studio-fix.com/blog/kaoru/2009/04/09/post162/ 少し時間を置いて、いざhttps://tejitak.com/にアクセスすると表示されました! とりあえず、自分のニックネームのドメインで自分の趣味のサイトが構築できちゃいました。 なかなか良い週末のおもちゃになりそう笑

Deploy

Amazon EC2の無料枠でmicro instanceを取得

Amazonが提供するAWSには無料枠が存在します。 http://aws.amazon.com/jp/free/ ただし、よくよく読んでみると、最初の12ヶ月だそうです。EC2の場合、それ以降は使用する量にもよるのですが、一番小さいmicroと呼ばれるお試しインスタンスであれば月々500円くらいといったところでしょうか。 とりあえず、無料で遊べるLinux環境が一年手に入るなら良し!という気持ちでEC2のサービスを利用し始めてみました。 以下のページが参考になりました。実際のEC2と比べると少し古い解説のようですが、大体大丈夫だと思います。 http://www.ita84.com/?p=74 私はとりあえずAmazon Linuxを選択しました。CentOSの独自改良版らしいです。 一点、気をつけなくてはいけないことは、AWS Management Consoleにログインした際、インスタンスを作る前に、右上のロケーションを自分に適したところに作る、ということです。ここの設定はインスタンス作成後に変更できないそうです。危うくUSのオレゴンに作るところでした。 ガイドにあるようにキーをダウンロードしたら、以下の設定をして接続の準備をします。 chmod 400 <ダウンロードしたキー名>.pem ssh -i <ダウンロードしたキー名>.pem ec2-user@<インスタンスのIPアドレス> おお!そしたら接続できてますね。これで遊びのマシンが無料で手に入った訳です。 次の記事では取得してたお名前.comのドメインに紐付けて、wordpressのセットアップといきましょうか。