Polymer.importでWeb Componentsをlazy loadする

この記事はPolymer Advent Calendar 23日目の記事です。

前回の記事で紹介したvulcanize編では初期ロード時に必要なcomponentsを一つにまとめてしまおうというツールの紹介でした。

今回の記事は、同じくPolyermerのパフォーマンスアップのためのTips紹介ですが、少し話題は変わってWeb Componentsをlazy load(遅延ロード)する話です。

Continue reading Polymer.importでWeb Componentsをlazy loadする

vulcanizeでPolymer Web Componentsの初期ロードを速くする

この記事はPolymer Advent Calendar 22日目の記事です。

まず、、Polymerのアドベントカレンダー全然人気ないw

まさかの22日目にして初めの一稿です。

なぜでしょう?半年前に登場した時は結構注目を浴びていた気がしたのですが。。Web Componentsの思想は世界的にも支持されているとは思いますが、polyfillであるpolymerは時期尚早だったのでしょうか。

個人的な意見ですが、多分対応ブラウザの問題とか学習コストが地味に多いとかもありますが、やっぱりpolyfillの実装のせいで若干遅かったりコンポーネントのロードが遅かったり等パフォーマンスに関する不安がPolymerがいまいち世間で採用されていない理由の大きい要素なのかなと思います。実践投入を考えるとパフォーマンスは非常に重要ですからねぇ。

だた、もしパフォーマンスが改善されれば、そこそこ実践で使う方も増えてくるのではないでしょうか?

ちなみに余談ですが、現在preview段階のv0.8.0ではpolymer自体のファイルサイズが87%減するらしいです。(不思議なくらいの激減w)

参考: Polymer v0.8.0 Preview 所感
http://havelog.ayumusato.com/develop/webcomponents/e635-polymer_080_preview.html

さて、そんなこんなで今回はPolymerで作ったページの初期ロードパフォーマンスを劇的にアップすることができるvulcanizeというツールを紹介します。

Continue reading vulcanizeでPolymer Web Componentsの初期ロードを速くする

Vue.jsでpopup componentを作ってみる

この記事はVue.js Advent Calendar 22日目の記事です。

前回の記事「browserify + debowerify + vueifyを使ったvue.js component開発」の続きです。
今回は少し実用的なwidgetのようなものとしてpopupのcomponentを作る方法を紹介します。
(※Vue.jsのバージョンはv0.11.4です)

とりあえず、どんなものかはデモを見てもらうとわかり易いです。ボタンをクリックしてみてください。

Continue reading Vue.jsでpopup componentを作ってみる

なぜ朝活アプリ開発会を続けるのか

この記事は個人的な趣味で2014年6月頃から半年間以上続けている朝活趣味アプリ会に関する記事です。

自分にとってはもはや単なるルーティーンになっている毎週日曜日朝の2〜3時間の朝活です。しかし、よく考えてみるとそれが意外に貴重な経験なのかなーっと思って、本年度のまとめとしてこちらのblogで綴ります。

まずはこの活動について紹介。

趣味で開発朝活@渋谷(Dev Morning)とは?

Continue reading なぜ朝活アプリ開発会を続けるのか