JavaScriptプログラマがSwift iOSアプリを2週間で作って公開してみた〜その14 UIWebView〜

JavaScriptプログラマー(JSer)がSwiftデビューして、ただ作りたいアプリを作ってみたシリーズ第14回目です。

前回はユーザーが何かアクションを起こした後に表示するトーストのポップアップとかローディングマークについてでした。

今回はlinkを含むtweetのcellをタップした際に、in app browser(UIWebView)を使ってwebページを表示する方法の紹介です。

Continue reading JavaScriptプログラマがSwift iOSアプリを2週間で作って公開してみた〜その14 UIWebView〜

bower registerで公開したライブラリを更新した場合に必要な作業

少し前の話ですが、自分の作ったライブラリ(Polymerで作ったWeb Components)をbower registerしてbowerでinstallできるように公開していたのですが、ベースとなるPolymerのバージョンアップに対応して変更をmasterにpushしてOKだと思ってたら、git cloneすると動くのにbower installするとうっかり動かなくなっていました。

Continue reading bower registerで公開したライブラリを更新した場合に必要な作業

JavaScriptプログラマがSwift iOSアプリを2週間で作って公開してみた〜その13 Toast message & Loading modal〜

JavaScriptプログラマー(JSer)がSwiftデビューして、ただ作りたいアプリを作ってみたシリーズ第13回目です。

前回はNavigationやUITabBarItemのテーマカラーとかの設定など、見た目のカスタマイズについてでした。今回はユーザーが何かアクションを起こした後に表示するトーストのポップアップとかローディングマークについてです。

Continue reading JavaScriptプログラマがSwift iOSアプリを2週間で作って公開してみた〜その13 Toast message & Loading modal〜

JavaScriptプログラマがSwift iOSアプリを2週間で作って公開してみた〜その12 NavigationBar & UITabBarItem Customization〜

JavaScriptプログラマー(JSer)がSwiftデビューして、ただ作りたいアプリを作ってみたシリーズ第12回目です。

前回は下にスクロールを続けた時に随時データを読み込むInfinite Scroll(無限スクローリング)についてでした。今回は割とライトな話題で、NavigationやUITabBarItemのテーマカラーとかの設定など、見た目のカスタマイズについてです。

Continue reading JavaScriptプログラマがSwift iOSアプリを2週間で作って公開してみた〜その12 NavigationBar & UITabBarItem Customization〜

io.jsのajax非同期通信をsuperagentとPromiseを使って処理する

node.jsでお手軽にDeferredが使えないという事実を最近知りました。

もちろん外部ライブラリを使えばできますし、一応node.jsのv0.12では–harmonyオプションをつければ使用できるらしいのです。
でも、io.jsだとPromiseが使えるみたいなので早速試してみました。

Continue reading io.jsのajax非同期通信をsuperagentとPromiseを使って処理する

JavaScriptプログラマがSwift iOSアプリを2週間で作って公開してみた〜その11 Infinite Scroll〜

JavaScriptプログラマー(JSer)がSwiftデビューして、ただ作りたいアプリを作ってみたシリーズ第11回目です。

前回は下に引っ張ってreloadするやつ(Pull-to-Refresh)についてでした。今回は下にスクロールを続けた時に随時データを読み込むInfinite Scroll(無限スクローリング)についてです。

Continue reading JavaScriptプログラマがSwift iOSアプリを2週間で作って公開してみた〜その11 Infinite Scroll〜

JavaScriptプログラマがSwift iOSアプリを2週間で作って公開してみた〜その10 UIRefreshControl〜

JavaScriptプログラマー(JSer)がSwiftデビューして、ただ作りたいアプリを作ってみたシリーズ第10回目です。

前回はアプリ内にデータをstoreする仕組みであるCoreDataの活用についてでした。今回はiOSのアプリでよくみかける、TableViewで下に引っ張ってreloadするやつの実装についてです。

Continue reading JavaScriptプログラマがSwift iOSアプリを2週間で作って公開してみた〜その10 UIRefreshControl〜