io.jsをnodebrewでinstall


昨日D社にてio.jsの勉強会に参加したので、試しに使ってみようかなーっと思ってインストールしてみました。以下nodebrewを使ってinstallした時のメモ。

1. nodebrew自体のupdateを行う

nodebrew selfupdate

2. io.js binary install

io.jsのサイトで最新バージョンを確認してインストール。

nodebrew install-binary io@v1.2.0

もしくはlatestを指定してインストール。

nodebrew install-binary io@latest

3. 最新のバージョンを指定

インストールされているバージョンを確認。

nodebrew list

スクリーンショット 2015-02-11 17.21.13

nodejsの方がv0.xx.xと表示されるのに対して、io.jsはio@v1.x.xと表示されていますね。
nodeと同様に使う対象としてを指定します。

nodebrew use io@v1.2.0

4. 動作確認

適当にconsole出力するファイル(app.js)を作る
app.js

console.log('hoge');

実行する。

iojs app

結果が表示されればOK!
スクリーンショット 2015-02-11 17.25.59

余談

本件とは別の話ですが、自分のYosemiteの環境でnodebrewのselfupdateを行ったら、nodebrewが動かなくなってしまいました。なので一度uninstallしてinstallし直しました。

思い切って.nodebrewディレクトリをまるごと削除

rm -rf ~/.nodebrew

nodebrewをinstall

curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

以下、もし.bashrcにないなら追加。

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

あとはインストールして、使用バージョンを指定。

nodebrew install stable
nodebrew use stable

試しにbowerをインストール。

npm install bower -g

ちゃんと動けばOK!