1 Chrome & Firefox install

2 Install Xcode & command line tool
install Xcode -> Xcodeを入手
xcode-select --install
license agreement
sudo xcodebuild -license
install command line tool (gitなどが入る)
xcode-select --install

3 PackagingツールHomebrewのインストール
ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/Homebrew/homebrew/go/install)"
HomeBrew update
brew update
とりあえずwget
brew install wget

BrewFileというファイルを作成し、以下のように必要なアプリケーションを列挙する(不必要なものは#でコメントアウトしてください)

BrewFile

# Add repository
tap homebrew/versions || true
tap phinze/homebrew-cask || true
tap homebrew/binary || true
# Brew Update
update || true
# Brew Cask
install brew-cask || true
# Packages
#install vim || true
#install wget || true
# Cask Packages
cask install alfred || true
cask install evernote || true
cask install dropbox || true
cask install sourcetree || true
cask install eclipse-ide || true
#cask install google-japanese-ime || true

実行
brew bundle

Alfredの設定
http://gori.me/mac-app/10473

4 Node.jsのversion manager nodebrewのインストール
curl -L git.io/nodebrew | perl - setup
起動時の環境変数セット
echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.bashrc
読み込み直す
source ~/.bashrc
install
nodebrew install-binary stable
有効化
nodebrew use stable
version check
node --version

5. Grunt & bowerのインストール
nodeをインストールしたら、フロントエンド開発に必要なgruntとbowerを入れる
Grunt
npm install -g grunt-cli
(うまく行かなかったらsudoで)

bower
npm install -g bower
(うまく行かなかったらsudoで)

6 Editor
Sublime Text http://www.sublimetext.com/
Pluginの設定はこちらの記事へ。

参考
http://tech.basicinc.jp/Mac/2014/04/20/mac_app_engineer/#homebrew
技術評論社 WEB+DB PRESS vol.80


Categories: Tools

Related Posts

Tools

Sublime text with git plugin

Sublime textをメインのエディタにすることに決めたので、さっそくまずはgitプラグインの導入を試みる。 Ctrl + `で以下のconsoleを表示し、以下のページに記載されたscriptを叩く(version 3の場合)。 https://sublime.wbond.net/installation#st3 一応sublime textを再起動してCtrl + Shift + pでgitとタイプ。 http://amacbee.github.io/blog/2013/07/05/1/ とりあえずYeomanで作った雛形アプリケーションをpushしてみたが、Sublime text 3はベータのせいか途中でエラーに遭遇。 結局ターミナルでgitコマンドを実行した方が安定してできたw git init git add… git commit git remote add origin https://github.com/tejitak/BackboneTest.git git remote -vで確認 git push -u origin Read more...

Tools

gruntのbower installでtargetDirにcopyするファイルを制御

下記のサイトにあるようにgruntを使用してbower installをしている場合に、targetDirにコピーされるファイルを制御したい時のTips。 http://qiita.com/mekkoo/items/e5a1670d85726cf6c61c bowerでtargetDirを指定して、インストール&コピーを行った際に、いくつかのJSはきちんとメインのjsファイルのみコピーされる一方、いくつかのものはディレクトリ丸ごとコピーされてしまうケースがある。その場合不要な物をwebに公開してしまう恐れがあるので、制御しておいたほうが良い。 Gruntでの指定の例 bower: { install: { options: { targetDir: 'js/lib', layout: 'byType', install: true, verbose: false, cleanTargetDir: true, cleanBowerDir: false } } }  

Tools

Pull requestがmergeされた後にブランチを削除

Github上で自分のあげたpull requestをmasterにマージしてもらった後にそのブランチを削除したい時のコマンド。 git push origin :mybranch1 上記のコマンドでも良いが、github上のpull requestのページで必要の無くなったブランチの削除ボタンを押してリモート上のブランチを削除した場合は以下の手順でローカルブランチも削除する。 1. githubのpullreqページでリモート上のブランチを削除 確認として、git remote show originで対象のremote branchがstaleしているかどうか確認 2. ローカルのtrack用ブランチを削除するために以下のコマンドを実行 git remote prune origin (–dry-runをつけると確認できる) 3. ローカルブランチを削除 git branch -D mybranch1