ブロックチェーン・ビットコイン関連書籍2冊読み終えて感想


あけましておめでとうございます。今年もタイで年越しをしました。

久しぶりの記事は本の感想。

近年注目されている革新的な技術の一つブロックチェーン・ビットコイン関連の技術を理解しておこうと、2冊ほど読んでみたので簡潔に感想です。ちなみに私はブロックチェーン関連の前提知識はほぼ0で読みました。

読んだのは以下の2冊。

2冊とも扱っているトピックは似ています。ブロックチェーンをセキュアにするための暗号技術、チェーンの実態、ブロックを取り込むときの合意形成の仕組み、マイニングの仕組みなど、しっかり解説されています。

どちらも元は海外の本を翻訳したもの。ある程度情報工学の知識がないと理解するのは難しいと思いました。ただし、高度な暗号技術に関連するところなど私自身まだ完璧に理解できていないところもあるので、時間のあるときに読み返す予定です。


仮想通貨の教科書

一見ビジネスマン向けの本で技術的な内容ではないようなタイトルの印象を受けますが、結構技術的な内容でした。私が本屋でこの本を買うときは経済書のコーナーにありましたが、どちらかというと技術書コーナーにあるべきですね。

コード自体を用いた解説は少ないですが、ビットコインができるまでの過去の論文に使われていたテクノロジーの紹介など、暗号化技術をはじめとして結構情報工学の知識が前提になっています。

扱っているトピックも幅広く多くのことをカバーしているのですが、訳の問題なのでしょうか、非常にわかりづらいです…!

下で紹介する本と違い、抽象的な解説が若干多く文字による解説が多すぎるので、ある程度基本的なビットコインの技術知識を知った上で読む方が良いと思います。

そこが個人的に残念でしたね。。というか、ちょうど並行して読んでいた次に紹介する本が良書過ぎたのかもしれません。
ただし扱っているトピックの幅広さは後述の本よりも多いですので、幅広く知識としてインプットしたい方にはお勧めです。


ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術

Mastering Bitcoinという本の訳書です。この本マジでわかりやすいです!

仮想通貨の教科書の方を読み進めていて途中でこっちの本を読んだら、「あーそういうことか!」の連発。具体例や図解が丁寧で、例えば、なぜセキュアになっているのか、とか、マイニングが同時に発生したときのチェーンはどうなるのか、とか感動的にわかりやすく解説されています。

コーディングで解説しているセクションもありますので、実際にサンプルを見ながらプログラムを動かしてみることもできます。

仮想通貨の教科書より先にこの本を読んでたら良かった。。


まとめ

イーサリアムやビットコインの技術に興味があるのであれば、まずはビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術を読むことをお勧めします。

仮想通貨の教科書はまた時間のあるときに読み返してみようかと思います。

今後どんどん身近な世の中でブロックチェーンが活用される事例が増えてくると思います。
機械学習などのテクノロジーと同様に1エンジニアとして仕事をしていく上では常にキャッチアップしていきたいと思いました。

お勧めの本などありましたら教えてください。

以上、珍しく書評みたいな記事書いてみました。