Amazon Link


WordPressのバージョンを3.9.1にアップデートしてからなのかなんでかわかりませんが、Amazon JSというwordpress用のamazon associate用プラグインが動かなくなっていました。

そこで代わりに発見したAmazon Linkというプラグインを使ってみたのでご紹介します。

本の画像付きでamazonへのリンクをblog内に貼るプラグインで圧倒的な人気を誇っているAmazonJsですが、何故か私の環境では以下のスクリーンのように設定画面が壊れてしまったり、collectionに本の追加もできなかったりで全然動かなくなっていました。原因はwordpressのverisonを3.9.1に上げた時か、webサーバーをapacheからnginxに変えた時から起こっているっぽいです。

スクリーンショット 2014-07-16 8.41.35

↑設定画面のタイトルも変だし、inputタグもずれてる。。

この不具合の原因を深く追うのをやめて、他のプラグインを探しました。そこ発見したのがAmazon Linkというやつ。

全然日本語の記事が無くて使い方に少しとまどいましたがThumbnailを表示するアソシエイトIDと紐付けて表示するだけなら、amazonJSよりも使い勝手が良いと思いました。(というかThumbnail以外の機能がうまく動かなかったw)

そのサムネイルというやつはどんな感じに表示されるかというと、こんな感じ。

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

↑この本は今本当に読みたいと思っている本です。

設定は自分のアフィリエイトのIDとかを設定するだけでOK。

記事を書きながら、投稿内容のフォームの下にある検索機能で本を探して、選択してInsert Linkを押せば、投稿内容の方へ追加してくれます。

スクリーンショット 2014-07-16 8.47.36

こんな感じで、検索した後に+ボタンを押すと、上のASINが埋まるので、Link Textを埋めてInsert Linkを押せば下のようなコードが貼付けられます。

[amazon text=Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築&asin=477416366X]

サムネイル画像のテンプレートに変換するためにはtemplateのパラメータを追加します。

[amazon text=Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築&asin=477416366X&template=thumbnail]

結構簡単に追加できました。

試しに画像をクリックしてみると、Amazonのアフィリエイトのページにはちゃんとクリック数がカウントされていました。

本のサムネイルを表示するだけなら、wordpressの投稿画面の中で本を検索して埋め込むことができるので、個人的にはamazonjsよりも使いやすいと思いました。

皆さんも是非ご活用してください。