雑談

ソフトウェアエンジニアの転職活動記録

転職活動中にいくつかの企業の面接を受けました。最終的に私はLINEから内定を頂き、就職することを決意しました。

その過程の様々な面接などの情報を少し自分のメモ程度にシェアできる範囲でお伝えしたいと思います。もちろん詳細は書けないので参考にはならないかもしれません。ただ、著名企業の面接を受けることは割と貴重な経験であったため雰囲気だけでも伝われば良いなと思います。

米Apple, 米Evernote, 米Yahoo, 米Mozilla

書類落ち。なかなかVisaの関係もあり日本人エンジニアが直接米国の面接をセットしてもらうのは難しい。

Amazon Japan

半年前くらいにGoogleの技術面接の練習になるかと思いLinkedInで募集を見つけ受験。早速一人目の電話面接はシアトル在住の外国人のエンジニアの方と国際電話で始まる。会話は英語で行われる。次の選考はシアトルかサンフランシスコで活躍している日本人のエンジニアの方と国際電話面接。特に大きなミスをした訳ではないが。ここで落ちる。なんとなく募集している人物像はもっとシニアな方で、自分とは少し違うような印象を受けた。

一言感想:エンジニアとして入ればアメリカに割とすぐ行けそう

米Google

Google本社で働いている知人を通して、マウンテンビュー本社への選考を通してもらった。電話面接のあと現地での面接。現地面接といっても、面接自体は六本木ヒルズにある日本のオフィスで行われた。

(more…)

雑談

転職しました

世間で退職ブログが流行っているみたいなので、記念に書いておきます笑

四月末をもって、新卒で採用されてから5年間働いたIBMを退職しました。私は日本IBMのソフトウェア開発研究所というところで検索&テキスト解析ソフトウェアを開発していました。主にフロントエンドが担当で、JavaScript/HTML/CSSやサーバーサイドJavaなどをメインにプログラミングをしていました。

アジャイル開発の手法を導入しているため、入社以来毎日朝11時にスタンディングで活動報告をお互いするスクラムミーティングがとても印象的でした。また、USや中国やアイルランドのチームメンバーと共にグローバルな開発の経験ができました。コーディングに関しても、3年目くらいのときから一つの大きなコンポーネントを任されたりして、学ぶことも多く、やりがいのある職場でした。

チームのメンバーは東大を代表に高学歴な方々が多く、とても優秀なメンバーでした。エンジニアのタイプは人それぞれで違う点が私にとってはとても興味深かったです。コーディングの最短距離を進み、とても素早いコーディングでばばっと作って帰る方もいれば、慎重に隅々までコードをチェックし前者のコーダーが気がつかないところまでケアすることができるエンジニアの方もいました。そのような対局のタイプのエンジニアの方同士は、両面的に補足し合えるもので、お互い生産性を高めることができるということを身近で実感しました。今思えば、自分にはそのような関係の同期のようなライバルのような存在がいなくて少し寂しかったようにも思えます。

(more…)